4月12日


人生のねらい


手段と目的地とには違いがあるがつながりもあります。
人生は手段ですから、『人生の旅路』と言います。
目的地とは言いません。
目的地は死後、あの"世"にあるのです。

それで、聖パウロは言います。
『上にあるものに心を留め、
地上のものに心を引かれないようにしなさい。』

キリストさまはいわれました。
「わたしについて来たい者は、
自分を捨て、自分の十字架を背負って、
わたしに従いなさい。」 現世の旅路ですね。

また、こうも言われました。
「わたしは復活であり、命です。
わたしを信じる者は、死んでも生きる。
生きていて、わたしを信じる者はだれも、
決して死ぬことはない。」来世のことです。

一時、現世で十字架を背負うことは手段です。
永遠に主の復活の栄光に与ることが目的です。
*****
主よ、「現世」の手段と目的地「来世」の違いを
絶えず悟らせ、上にあるもの求めさせて下さい。

では、よい一日を過ごしてください。
ペトロ神父






このページの文章は毎日新しくなります。又来て下さいね!

ペトロ神父のfacebookページにはこちら