1月16日


関わり
Relationships

友よ、
今日ここでお会い出来てうれしく思います。
感謝!

人は誰かに質問する時、
当然相手が答えるだろうと思うでしょう。
それなのに、
イエス様が最初の弟子たちに質問された時、
彼らはきちんとした答えではなく、
もうひとつの質問をしただけでした。
このことはヨハネ福音に出てきます。

「イエスは振り返り、
彼ら(アンデレとヨハネ)が従って来るのを見て、
『何を求めているのか』と言われた。
彼らが、『ラビ――「先生」という意味――
どこに泊まっておられるのですか』と言うと、
イエスは、
『来なさい。そうすれば分かる』と言われた。

そこで、彼らはついて行って、
どこにイエスが泊まっておられるかを見た。
そしてその日は、イエスのもとに泊まった。
午後四時ごろのことである。」

彼らはキリスト様のことを
まだ十分に知らないので、
「どこに泊まっておられるのですか」と聞きました。
それはキリスト様の住み家を見たかったのではなく、
キリスト様との出会いを望んでいたからでした。

キリスト様はどういう人なのでしょうか。
キリスト様についてもっと知りたい、
キリスト様のお考えや人生観、
そしてキリスト様の人格に触れたいと
彼らは思いました。

このような関わりこそ、真の信仰ですね。

では、よい一日を過ごしてください。
ペトロ神父








このページの文章は毎日新しくなります。又来て下さいね!

ペトロ神父のfacebookページにはこちら